歯の美しさを求めているならホワイトニング大阪

ホワイトニング大阪については「歯の美しさを求めているならホワイトニング大阪」へ

ホワイトニング大阪専門サイト「歯の美しさを求めているならホワイトニング大阪」にこの度はご訪問頂きありがとうございます。
たっぷりと最新のホワイトニング大阪情報をご案内しています。

 

歯の表面には様々な着色成分が付着しているのです。

 

お茶やコーヒーに含むポリフェノール類と呼びます色素やタバコのヤニ(タール)などがステインの原因として知られています。

 

これの色素が歯の表面に付着するだけでステインとなって、やがて歯が黄色く見えます「着色汚れ」となっていくこととします。

 

さらに、加齢と共に半透明のエナメル質が磨り減り内部の象牙質が厚みを増していくため、磨耗したエナメル質から象牙質が透けることで歯が黄色く見えます内部からの歯の変色も進んでいきます。

 

一般的なオフィスホワイトニングをより効果的に行うことで、要するに芸能人にみようかな白さを目指すことが可能です。

 

ホワイトニング薬の成分として採用されてる過酸化尿素や過酸化水素は着色汚れを無色透明に分解し歯が白くなるのでしょう。

 

また、これらの成分は歯の中に含まれている色素も分解するため、本来の歯の色自体も白くする「ブリーチング効果」もあるのです。

 

加齢いっしょに進む歯の変色に対しては、「マスキング効果」と「ブリーチング効果」が歯を白くみせていきます。

 

マスキング効果とは、過酸化水素がエナメル質表層の構造を変化(角状→球状)させることで光の乱反射を起こし、エナメル質を曇りガラスみたいに白く見せつけていますしくみです。

 

知っているようで知らないホワイトニング大阪は、まずは基礎知識を知ることが大切です。
何も知識の無いままホワイトニング大阪を調べても意味がありませんので、ホワイトニング大阪をまずはネット検索してみましょう。


page top