歯科クリニックに導入されているホワイトニングシステム

歯科クリニックに導入されているホワイトニングシステム

オフィスホワイトニングで使用させられる薬剤に含む成分は、基礎的に「過酸化水素」です。過酸化水素を含まれているホワイトニング薬剤には即効性があって、歯の表面に塗られると早々に汚れを落とし始め、歯を白くしていく作用を持ちます。一方、クリニックで処方させられる薬剤で自分でホワイトニングを行うホームホワイトニングでは、「過酸化尿素」を含まれるホワイトニング薬剤を使います。過酸化尿素は過酸化水素よりも作用はおだやかで、比較的即効性は低いです。また、オフィスホワイトニングではホワイトニング薬剤を塗布後、薬剤に光を照射して歯を白くします。このほか、温度を上げたりアルカリ性にしましたりして、成分の漂白作用を高める方法もあるのです。歯科クリニックに導入されてるホワイトニングシステム(ホワイトニングの種類)によっては、過酸化水素に加え、分割ポリリン酸(歯の汚れを落とす作用を持つ成分)を使用するケースもあげられます。

page top